お問い合わせ

サービス案内

デイサービス リハビリデイサービス ケアプランセンター 訪問看護 介護商品レンタル

最新のトレーニング設備での
プリュームのオリジナルリハビリテーションを実施致します。
サービス内容 機能訓練指導員をはじめとする、専門のスタッフが、介護予防の観点からご利用者様に合ったプログラムを作成します。
最新のトレーニング設備で身体を動かして頂くことにより、日常生活動作の回復・維持、また、心身のリフレッシュを目的とし、元気と笑顔溢れる時間をお約束致します。

リハビリデイサービスPLUME(プリューム)では、各種マシントレーニング、レッドコード(スリング)を使用し運動を行います。
マシントレーニングでは、体幹(胴体)・骨盤周囲・下肢(脚)を中心に動かし、機能を高めます。
レッドコードでは全身を動かし、バランス能力や柔軟性を鍛えます。

レッドコードは、運動器系疾患、神経系疾患に対する治療・エクササイズや、 スポーツアスリートなどに用いられるファンクショナルトレーニングを可能にする機器の名称、治療法のことです(日本レッドコード研究会より)。
天井からのレッドコード(赤い二本の紐)で吊るされることにより重力による身体・関節への負担を少なくした状態で運動することが可能なため、姿勢を改善するための筋力を効率よく鍛えることが出来ます。
車椅子の方でも安心してトレーニングすることが可能ですし、「立ち上がり強化プログラム」「立位バランス向上プログラム」「バスに乗るためのプログラム」や、計算やクイズをしながら運動する「脳トレプログラム」と、各人の能力に合わせたグループエクササイズを行い、日常生活動作(ADL)を獲得することが出来ます。

個別リハビリでは、理学療法士が身体機能を評価し、各人に合ったプログラムを進めます。
「バランスよく立てるようになりたい」「ふらつかずに歩きたい」「体力をつけたい」など様々なご要望に合わせて、効率よく鍛えることが出来るようサポートいたします。

リハビリデイサービスPLUME(プリューム)では、定期的に体力測定を実施し、利用後の効果を判定します。

レッグプレス
(脚力)
機械で脚力を測定します。
脚の踏ん張る力を見ます。
握力 握力計にて測定します。
全身的な筋力の指標となります。
CS-30変法
(下肢総合筋力)
15秒間で何回立ち上がれるかを測定します。
筋力・持久力などの総合的な脚の力を測ります。
バランステスト 座った状態で転ばないよう身体をどこまで動かせるの
かのバランスを測ります。

カウンセリングは3ヵ月に一度、実施いたします。
現在のプログラムがご自身にとって「どのような効果があるのか?」「今後、何をしたらよいのか?」「何ができるようになりたいのか?」等を専門スタッフと共にイメージを深めて頂きます。活動の意欲の向上も期待できます。

デイサービスの1日の過ごし方
デイサービスの料金表

リハビリデイサービス プリューム
(指定地域密着型通所介護・指定予防専門型通所サービス)

指定通所介護

1日のサービス利用料金 介護保険の給付対象となる料金(1.基本サービス利用料金+2.加算) と
介護保険の給付対象とならない料金 (ドリンク代+その他) が必要です
介護保険の給付対象となる料金

1.基本サービス利用料金(1日の目安)

  要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
1 1日あたりの基本単位 426単位 488単位 552単位 614単位 678単位
2 サービス利用料金 4,550円 5,211円 5,895円 6,557円 7,241円
3 うち、介護保険から給付される額 4,095円 4,689円 5,305円 5,901円 6,516円
4 サービス利用に係る自己負担額(2-3) 455円 522円 590円 656円 725円

※基本単位には、送迎費用が含まれています。
※3・4は自己負担1割の方の場合の料金になります。

2.加算 (地域区分単位10.68で計算し1割を自己負担)

□ 介護職員処遇改善加算 (Ⅰ)(1月あたり総単位数×0.04単位) 
□ 個別機能訓練加算 (Ⅰ)(1日につき46単位) (Ⅱ)(1日につき56単位)
□ サービス提供体制強化加算.Ⅰ(イ)(1日につき18単位)

※介護職員処遇改善加算とサービス提供体制強化加算は、区分支給限度基準額の算定対象外となっています。

介護保険の給付対象とならない料金

□ お飲み物代 費用   / 回
□ その他
・ ご契約者は、サービス提供についての記録をいつでも閲覧できますが、複写物を必要とする場合には実費を
ご負担いただきます。(1枚につき10円)

指定介護予防通所介護

1日のサービス利用料金 介護保険の給付対象となる料金(1.基本サービス利用料金+2.加算) と
介護保険の給付対象とならない料金(ドリンク代+その他)が必要です
介護保険の給付対象となる料金

1.基本サービス利用料金(1ヶ月の目安)

  要支援1または事業対象者 要支援2
1 基本単位 1,647単位 3,377単位
2 サービス利用料金 17,589円 36,066円
3 うち、介護保険から給付される額 15,830円 32,459円
4 サービス利用に係る自己負担額(2-3) 1,759円 3,607円

※基本単位は1ヶ月単位で料金設定されております。また、送迎費用が含まれています。
※3・4は自己負担1割の方の場合の料金になります。

2.加算 (地域区分単位10.68で計算し1割を自己負担)

□ 運動器機能向上加算 (225単位/月)
□ 介護職員処遇改善加算 (Ⅰ) (1月あたりの総単位数×0.04単位)
□ サービス提供体制強化加算Ⅰ(イ) (支1 月 72単位) (支2 月 144単位)

※介護職員処遇改善加算とサービス提供体制強化加算は、区分支給限度基準額の算定対象外となっています。

介護保険の給付対象とならない料金

□ お飲み物代 費用   / 回
□ その他
・ ご契約者は、サービス提供についての記録をいつでも閲覧できますが、複写物を必要とする場合には実費を
ご負担いただきます。(1枚につき10円)

PATE TOP